マイクロリペア(板金・塗装)
マイクロリペアが喜ばれる理由キズ・凹み直しの流れキズ・凹み直しの料金お客様の声お見積り予約フォーム

多くのお客様に、キズ・凹み直しの「マイクロリペア」が喜ばれている理由とは・・・

理由その1 手のひらでキズの大きさを測るだけ。いくらかかるの?が自分でわかります。

キズ・凹み直しをためらっているお客様に理由を尋ねると、
よくこんな回答が返ってきます。

「キズ・凹み直しって高いんじゃないの?」

一般的に
キズ・凹み直しが高いと思われているのは、
その料金設定のわかりにくさが一因

です。

「これくらいのキズなら3万円ですね」

と見積もられたとしても、
それが高いのか?安いのか?専門家でなければよくわかりません。

でも、それって
“損してるかも…”って不安”ですよね?

誕生して以来、関東で瞬く間に7万台の修理実績をあげた新技術
「マイクロリペア」のキズ・凹み直しサービスは、
そんな“車のことをよく知らない方”でも安心して注文できるように、
とってもわかりやすいお見積り方式を使っています。

それは・・・

キズ・凹みに手のひらを当てて測るだけ。

“手のひら”サイズ(20cm)のキズなら、1万2千円。


手のひらひとつ分=「1タッチ」として、
2タッチ×12,000円=24,000円。
3タッチ×12,000円=36,000円。

※凹み直しの料金は、キズ直しの2倍になります。

基準は“手のひら”だけですから、
外車や国産車といった区別による料金の差はありません。
このように誰でもできる簡単な方法ですから、
見積りの時間も2~3分で済みますし、
それでいて見積り後に金額が変わることもありません。

当社でキズ・凹み直しをされた方に感想を尋ねると、

「自分の手で測ったとおりの見積もりだったから
その場で注文したよ」


というお答えがとても多いのですが、
これは嘘やごまかしのない見積り方法への信頼感と安心感の表れだと思います。

理由その2 ガソリンスタンドで給油ついでに気軽に見積り。その後じっくり検討できます。

キズ・凹み直しでご来店されるお客様の中には、
車をぶつけたのが数ヶ月前、数年前という方もたくさんいらっしゃいます。

どうして今になって修理をする気になったのですか?と聞くと、

「どこに車を持ち込んでいいのかわからなかった」

「工場や専門店で見積りをとると、予算オーバーの時に断りづらくて…」


という理由がとても多いのです。

車をこすった!ぶつけちゃった!というとき、
持ち込む先として真っ先に思い浮かべるのは、鈑金・塗装専門の工場や、
チェーン加盟店のようなところ。
ところが、ほとんどの方は一度も行ったことのない
工場やお店に入ることに抵抗があるようです。

無理もありません。
その工場やお店に入るまではどんな人が受付や作業をしているのか
見えませんから、とても勇気がいりますよね。

見積りが高いときは断れるんだろうか?

専門的なことを言われたらどうしよう?

どんな人が出てくるんだろう?


不安でいっぱいです。

当社ではキズ・凹み直しをガソリンスタンドの一部スペースで
受付・作業していますが、キズ・凹み直しをされた方の10人に9人が、
普段から給油でご来店されているお客様でした。

「いつも使っているお店だから気軽に見積りを聞くことができた」

という方が、実はとても多いのです。

さらに面白いことに、当社でキズ・凹み直しをされるお客様は若い女性から
ご年配の方まで、かたよりがまったくありません。老若男女問わず、

「このキズ、いくらで直る?」とガソリン給油の
ついでに気軽に聞いていらっしゃるからです。


もちろん、お見積りは無料ですし、
お見積りをしたからといってその場で決めなくてもかまいません。
実際、“その場で決める方”と“家族と相談してから決める方”は半々くらいです。
こんな気軽さがお客様に喜ばれている理由のひとつでもあるのです。

さらに!

群馬県内にカーディーラーと同じ国土交通省認可の整備工場を
3ヶ所保有する当社ならではのサービスがあります。

当社で車検を実施するついでにキズ・凹み直しをされますと、
定価から10%引となる特典があるのです。

つまり、1タッチ10,800円で直すことができます。

1タッチ 定価12,000円→10,800円
2タッチ 定価24,000円→21,600円
3タッチ 定価36,000円→30,600円

理由その3 何日も預ける必要はありません。すぐに直して、その日に乗って帰れます。

「マイクロリペア」の特徴は、補修に使われているパテ、塗料、仕上げに使うクリア といった材料にもあります。いずれにも共通するのは

“仕上がりの品質の良さ”を維持しつつ、
短時間で仕上がる“速乾性”


です。

従来の鈑金・塗装では、吹きつけ→しばらく乾燥→吹きつけ→しばらく乾燥… といった手間暇のかかる作業が何時間も何日もかかっていました。
その点、「マイクロリペア」では新素材を用いることで、大幅な作業・時間短縮を実現しています。

硬化が早く、しかも乾燥しても収縮の少ないパテ。


○塗装にはテフロンで有名な化学メーカー、デュポン社の塗料。
この塗料は少量でも隠ぺい力が強く、従来の塗料のように何回も吹き付ける必要がありません。
お車の微妙な色合いも「デュポン センタリ(R)システム」を用いることで、
新車から10年以上経った車まで、ぴったりな色を割り出し、
即座に塗料を調合
することが可能です。

○さらには、塗料の上に吹き付ける仕上げのクリアも速乾性に優れているため、
すべての工程で時間が短縮でき、なおかつ仕上がりのよさを保てるわけです。

早く仕上がることのメリットは、愛車を何日も預けたまま代車に乗る必要がなくなる他、

「主人には内緒で夕方までに直したい!」といった緊急のご要望にも応えることができます。

※注:予約やキズの状況により数日お預かりする場合があります。見積り時にご確認ください。

※キズ・凹み直しを超える重鈑金の場合は、「マイクロリペア」の作業内容・料金が適用されません。

理由その4 短時間で直るから、従来と同等以上の品質なのに低料金で済みます。
どんなに早く仕上がっても、料金が高ければ意味がありません。
仕上がりの良さを十分維持しつつ短時間で直せる素材を用いた「マイクロリペア」だからこそ、実現できたのが“低価格”です。

実はキズ・凹み直しのコストを大きく左右するのが「レバーレート」と呼ばれる
“時間当たりの作業工賃”。従来の鈑金・塗装ではキズの程度や大きさを、作業にかかる時間に置き換えて見積もりする方法が一般的でした。
しかし、「マイクロリペア」では大幅な時間短縮を実現した結果、
1タッチ12,000円という均一料金を採用
することができたのです。

さらに、大きな破損やフレームなどの補修ではなく、
ちょっとしたキズや凹みに特化することで工場のような大掛かりな設備投資が不要になり、
継続的に低コストで運営することが可能になりました。

このように群馬商事ではキズ・凹み直しの「マイクロリペア」によって、
仕上げの質を保ったまま時間を短縮し、低価格化も実現したことでお客様に喜ばれています。
「まずはいろいろ聞きたい」という方からのお問合せは大歓迎です。そのうえでお見積りやご予約をご検討されても結構ですのでまずはメールください。ご相談待ってます! ご相談
0066-9686-3215
Copyright(c) 2009 gunma syoji Corporation. All Rights Reserved. 「このキズはいくら?」お見積りのご予約はここをClick!